鉛筆タッチを利用

パンフレット作成を行う時に鉛筆タッチを利用する利点

パンフレット作成では最初にパンフレットの構成を考える事、どのような事をパンフレットに掲載するのかを考える事が大切です。
また、パンフレットと言うのは商品の事、サービスの事、会社や学校の事など、種類に応じて顧客に伝える事が目的となるため、文章を書いてパンフレット作成を行う必要が在ります。

会社案内と言うパンフレットは、新しい顧客に対して取引を始めるうえで自社がどのような会社であるのかを顧客に伝えることが目的となるため、文章を利用して会社の説明をすると言ったパンフレット作成が求められて来ます。
しかし、文章だけが並んでいるパンフレット作成を行っても、読み手に読んでみよう、理解してみようという気持ちを掻き立てる事は難しく、面倒に感じてしまえばパンフレットを見ないと言う結果に繋がってしまう事も在ります。

商品紹介やサービス案内などのパンフレット作成の場合も、読み手に対して文章だけで説明をしようとすると、文章量が多くなり、読み手に面倒と言う気持ちを掻き立ててさせる結果に繋がります。
サービスの仕組みを説明する場合などでも、文章だけで説明するのではなく、文章を読み、イラストを見てサービスの仕組みについて理解をして貰うスタイルで制作を進めることで、読み手を惹きつける事が出来るパンフレット作成が実現します。

また、イラストと言うのは、写真のような形のものから鉛筆でラフに描かれたものや鉛筆タッチの魅力を使って書き上げる事で、パンフレットのイメージを変える事が出来ます。
特に、鉛筆タッチで描かれているイラストと言うのは温もりも感じさせてくれるなどのメリットを持ちます。

鉛筆タッチと言うのは、パソコンのソフトウェアを利用し、鉛筆の線で描いたイラストの事をこのように読んでいるのですが、パソコンで一本の線を横に引くと、その線は正確な真直ぐの線を描くことが出来ます。
また、この線は同一の太さで描かれているため、1ミリたりとも狂いはないわけです。

これに対し、鉛筆で描く線と言うのは、書く時の筆圧に応じて太くなったり細くなったりするのが特徴で、タッチを変えてあげる事で手書きの良さや温もりを伝える事が出来るイラストを制作することが可能になると言う事です。
例えば、パンフレットの中にお店や会社の地図などを掲載する場合、イラストを描いて掲載することで手作り感を作り上げる事が出来ますが、こうした地図にも鉛筆タッチで仕上げられたイラストを掲載することで温もりを伝える事が出来るという魅力が在ります。”

最近の投稿