イメージ通り

パンフレット作成はイメージ通りの仕上がりになれば成功

パンフレットと一口に言っても、IT化が進み流動的なデジタル化した情報が錯そうする中、読み手(消費者)が手に取りゆっくり目を通す事の出来るアナログの紙製のパンフレットは非常に貴重な媒体と言えます。書かれている内容の訂正や修正は不可能であり、考える時間や見比べる事が可能な点、信頼感や形に残る安定感は他の媒体にない良さがあります。
パンフレット作成に当たり大切な事は、伝えたい内容が作り手と読み手の双方で合致する事です。その為にどのような点に気を付けてパンフレット作成を行えば良いか、ポイントを押さえて無駄のない意義のあるパンフレット作成を行いましょう。

伝えたい内容を具体的に字体で表し、より分かり易い様にイメージ画像やデッサンで詳細を記載するというパンフレット作成の手順は至ってシンプルですが、内容や発行部数により携わる人数は大きく異なります。
パンフレット作成に係る人数が多くなればなるほど、イメージ画像や解釈に開きが生じ、結果的に伝えたい事が明瞭でないパンフレットになるケースがあります。つまり、作成の人数に関係なく、伝える内容や意図を明確にして、摺合せを完璧に実施する事が、分かり易く読みやすいパンフレットに繋がります。特にイメージ画像や写真を誰が見ても同じ物に見える物を選ばないと、受け取り側の解釈もふり幅が生じる可能性があります。
作り手のイメージが統一されていなければ、決して消費者に伝わるパンフレットは出来ません。内容の間違いやミスは幾度にも渡る校正で修正されますが、一貫性のある主張こそが必要になります。作成時、この点を意識して臨むと良いでしょう。

1人で作成しても100人で作成しても、完成したパンフレットにその人数は記載されません。しかし、消費者はパンフレットから全ての情報をキャッチして選り好みします。伝えたい事がダイレクトに伝わり、実際の内容と隔たりがなければ、完璧なパンフレットだと言えます。過大広告になっていないか(誤表記などはもってのほか)、伝えたい内容は誰が見ても同じ内容に受け取る事が出来るか、完成前に出来るだけ多くの人の目に触れ、意見を募り微調整をする事が大切です。
作り手が伝えたい事を明確にしている事が肝だと断言出来ます。曖昧な表現、見る人によって感じ方の異なる表現は避けて、誰もが同じ感覚で受け取れるパンフレット作成を心掛けましょう。作り手の思いや感情が読み手に届けば120点のパンフレットと言えるでしょう。”

最近の投稿