目次の役割

パンフレット作成における豆知識と目次の役割

パンフレット作成を行う目的は企業および事業の製品やサービスなどの紹介および案内であり、印刷物により紹介や案内を行って顧客獲得を目指すと言う役割を持ちます。
しかし、景気後退により消費者の購入の控え、企業内の予算削減などにおいて、単に商品紹介やサービス案内だけでは利益に繋げる事は難しく、パンフレット作成では魅力を消費者などの顧客に伝える事が重要視されています。

消費者の注目や興味を掻き立てること、消費者などの顧客に対し、このサービスを利用する事でどのようなメリットが在るのか、商品を購入する事で得に繋がるのかと言った事をパンフレット作成では考えて行くことが大切です。
パンフレットを見るに対して、魅力ある商品やサービスであることを伝える事で、購入や利用と言った事への誘導を可能にし、他社との競争において勝利を得る事が出来ます。

成果に繋がるパンフレット作成は魅力を伝える事が大切な要素になりますが、パンフレットを見ようと言う気持ちにさせるのが表紙のデザインです。
例えば、パンフレットが多数並んでいる場合、そのうちの1冊を手にするのは、表紙にデザインが施されており、表紙を見る事で何かの期待をし、興味をそそる事になります。

ページをめくると、そこには目次が掲載されており、どのような内容になっているのか、興味を抱けることがパンフレットに在るのかと言う事を推測し、目次から内容へと移る事になります。
また、目次と言うのは冊子には必須となるページとして存在しているのですが、読み手が何を知りたいのかと言う時、目次が掲載されていることで、目的をスピーディーに行う事が出来る便利なページでもあるわけです。

パンフレット作成における目次と言うのは、単にページの章や節を列挙し、ページ数を記載すると言う事だけではなく、魅力が何処に在るのかを知るための道標として存在している事が求められます。
尚、パンフレットの目次は専用のページを設けるだけではなく、ページの端部分に目的のページを探しやすくするためのインデックスを付けてあげる方法もお勧めです。

インデックスを見る事でパンフレットを見る人への親切さが出て来ますし、インデックスを含めたページのデザインを作り上げる事で、専用のページが要らなくなり、他の情報を掲載する事が出来るページとして利用できるなどのメリットにも繋がります。
ちょっとした工夫を行う事で、売れるパンフレット、魅力を顧客に伝える事が出来るツールとしてのパンフレット作成を行う事が出来ます。”

最近の投稿